2014年3月

フグの効能

今日で3月も終わり、ということは今年もすでに4分の1が過ぎたんですねend このところの暖かさで桜も一気に咲き始めましたが、また今週末は花冷えになるようですから、皆さまご用心をcherryblossom

さて私は昨夜、数年ぶりにフグを頂きました(刺身も鍋も)fish 昨日は夜風が少し寒かったので、体が温まってちょうど良かったですspa

そういうわけで、今回は久々に食養生の話題にいたしましょうpen

 

〔フグ(河豚)〕

性味は温、甘。

効能は、補脾去湿(消化機能を高め余分な水分〈湿邪〉を除去する)、去痔(痔に効果がある)、治疥癬虫瘡(さまざまな皮膚疾患に有効)など。

フグにはアミノ酸が豊富に含まれるので、虚弱体質の人には良質の補養品となります。温性なので冷え性にも良いですが、逆に体に熱がこもりやすい傾向の人には不向きです。また高タンパク食であるため、腎機能の悪い人は当然ながら避けましょう。

【参考文献】

 梁晨千鶴(著):東方栄養新書,メディカルユーコン,2005

 木村孟淳・御影雅幸・劉園英(共著):中国医学 医・薬学で漢方を学ぶ人のために,南江堂,2005   

献血お休み

昨年の5月から毎月1回のペースで続けてきた献血(成分献血)を、今月はお休みしましたchair

なぜかというと、忙しくて時間が取れないということもありますが、ここ1ヵ月ほど立ちくらみが何度も起こっているのですwobbly

先月のような頭痛や閃輝暗点は治まったと思ったら、今度はクラクラが襲ってきましたdown

いくら病気の方々のためとはいえ、自分が倒れてしまっては何もなりませんので、今月は見送りとしたわけですpaper

なるべく早く再開できるよう、体調管理にいっそう気をつけねば。。。japanesetea

ありがたや!

昨日、以前勤めていたクリニックで治療させていただいたある患者さんが、飛び入りで来院されましたsign01

実に4年ぶりの再会で、まさか当院まで来てくださるとは思っていなかったので、びっくりするやら嬉しいやらnotes

このところ懐かしい人と再会する機会が続いており、何も変化がない時は本当に何もないのに、今はそういう運気なのかなぁと不思議な感じがしますwave

ちょうど年度替わりの時期でもありますし、例年になく新たな気持ちで4月を迎えられそうですshine

春場所

満員御礼.JPG前回のブログで予告しましたとおり、春場所観戦に行ってまいりましたcherryblossom

相撲観戦自体は毎年行っているのですが、今年はなんと19年ぶりに会う高校時代の同級生と一緒sign03 楽しさも倍増でした~note

土俵のほうも、両横綱がそろって敗れる波乱で場内大いに盛り上がり、生の相撲を観るのは初めてという友人も大喜びhappy02

帰りには二人でお茶して、無沙汰をしていた間の諸々の話に時間を忘れましたcafe

お互い歩んできた道はまったく違っても、会えば昔のままの友達同士に戻れ、同級生っていいものだなぁと改めて思いましたschool 心のエネルギー、充電完了です!full

久々の連休

昨日は彼岸入りでしたねenter(さっそくぼた餅を食べましたdelicious

明日は木曜なので定休、明後日は彼岸の中日、つまり「春分の日」で祝日のため、当院はお正月以来の連休とさせていただきますcat

私事ながら、毎年恒例の大相撲春場所観戦に行く予定にしており、また休み明けにレポートいたします♪camera

風邪(ふうじゃ)

昨日から暖かくなり、春らしくなってきましたtulip 風もけっこう強いので、すでに北陸・九州・中国地方で吹いた春一番が、そろそろ近畿にも来るでしょうかdash

さて、このような強い風は、中医学では「風邪(ふうじゃ)」と捉えられており、四季の中では春が主(つかさど)っています。以前にも「六淫(ろくいん)」の解説をしましたので、そちらもご参照ください。

風は四季を通じて存在しますが、風邪による発病は春に最も多くなります。性質としては、六淫中の他の邪に比べて軽いため、身体の上部や表面を侵しやすいです。この場合の上部とは、頭面部や肺(五臓六腑の中で最高所に位置)を指し、表面とは肌表面や汗腺などを指します。風邪が頭面部を傷害すると頭のふらつき・頭痛・口眼喎斜(こうがんかしゃ=顔面神経麻痺)が、肺を犯すと鼻閉・鼻水・咽の痒み・咳嗽などが起こります。また肌表への影響では、発汗や悪風(おふう=軽度の寒気があり風に当たるのを嫌がる)がみられます。

また「風は百病の長たり」といわれ、多くの疾病を引き起こす主要な因子となります。寒・湿・燥・熱など他の邪と結びつき、風そのものが持つ遊走性(あちこち動きやすい)により、経絡に入ると四肢末端にまで病変をもたらします。

さらに風は、五行においては木に属すため、五臓では肝と密接な関係にあります(2012年6月19日付ブログ参照・肝については同22日付参照)。したがって春は肝の病証が多く発生し、また肝の病変は内風(人体内部に起こる風)を生じやすいです。内風とは臓腑の機能失調により発生するもので、普段は肝の陰血によって上昇する性質を抑制されている肝陽が、陰血の不足により上逆することで「肝風」が生じます。その結果めまい・ふらつきが起こり、陰血不足で筋脈に栄養を与えることができなくなると、ひきつり・けいれんもみられます。

めまいや鼻炎にも原因はさまざまありますが、風邪や肝が主因のものはこれに応じた治療をすることで、症状の緩和や早期の回復が望めます。

【参考文献】

 神戸中医学研究会(編著):基礎中医学,燎原,1995

 高金亮(監修),劉桂平・孟静岩(主編):中医基本用語辞典,東洋学術出版社,2006   

歯磨きOK

一昨日、かかりつけの歯科へ6カ月検診に行きましたhospital 今回は虫歯も歯石もなく、磨き残しの指摘もほとんどされず良好な経過smile

わずかに歯肉の腫れや出血があるとのことでしたが、たぶん出かける前に時間がなく、大急ぎで歯磨きとデンタルフロスをしたせいかとsweat01 本当は丁寧にやりかったものの、時間が迫り慌ててスピードを上げたために、手先の動作がいくらか雑になってしまいましたimpact

先月は乳腺外科、先週は眼科と定期検診続きで、正直なところ面倒にも思いますdownwardright でももし何か問題があるのに受診せず、治療が遅れてしまった場合のリスクを考えれば、少々の手間と出費は致し方ありませんlibra

東日本大震災から3年

東日本大震災が発生してから、きょう11日で3年になりますね。今年も午後2時46分に黙祷をしました。昨年11月に福島県を訪れた(昨年11月25日付ブログ参照)ことで、昨年や一昨年とはまた違った感慨があります。

また、きのう10日は東京大空襲から69年となる日でした。実は私の父方の祖母の妹が、この空襲で亡くなっています。もちろん自分が生まれるずっと前のことですが、血縁のある人が犠牲になったとあれば、遠い昔の他人事とは思えません。

きのう、きょうと、人間の命について考えずにはいられない日が続き、ささやかな日常のありがたみをつくづくと感じています。与えられた時間には限りがあり、その中で何をしていくのか、どのように生きていくのか、折々に見直さなければいけませんね。

宝毛ふたたび

今から半年ほど前、左肩後方に「宝毛」が生えました(昨年9月10日付ブログ参照)が、おととい同じところからまた伸びているのを発見eye

「抜けてもまた生える」というのは本当だったようで、もう2~3cmくらいになっていますbud

前回は触っているうちに抜いてしまったので、今回はそのまま置いておこうかなぁと思いつつ、やはり気になって抜いてしまうかもcoldsweats01

スマホ機種変更

一昨日、スマホを最新機種に変更しましたnew これまでの機種は2年半使っていたので、替えてみると「ジェネレーションギャップ(世代差)」がまざまざと感じられますupdown

また今回は初めてオンラインショップを利用し、切り替え手続きをすべて自分でやったので、かなり疲れました~dash まぁ、いい勉強にはなりましたが、このところパソコン絡みの込み入った作業が多く、なかなか頭痛がすっきり消えてくれないのが困りものですsad

それでも新しい物を使い始める時というのは、心が浮き立ちますねheart02 前のスマホはボタン操作の反応が鈍くなっていただけに、スイスイ動いてくれるだけでストレスがかなり減りましたgood

1  2

PAGE TOP